EDC/CDMS 取り扱いソリューション

株式会社TeDaMaでは以下のEDC/CDMSソリューションを取り扱っております。

TrialMaster(OmniComm Systems, Inc)

高い汎用性とセットアップのしやすさを兼ね備えたEDCシステムです。第Ⅰ相から市販後臨床試験まで幅広く利用されております。高いエディットチェックの自由度とカスタマイザビリティー、データ入力中に入力のヒントの表示、一時保存による意図しないクエリ発生の抑制、試験構築と同時進行で利用できるSDTMマッピングツール、そしてリスクベースモニタリングの完全対応と、同クラスのEDC製品では類を見ない多機能性を備えています。詳しくは、こちらをクリック(OmniComm Systems, Incのサイトへ移動します)。

TrialOne(OmniComm Systems, Inc)

早期臨床試験に一点特化したシステムです。EDC機能も備えていますが、早期臨床試験のあらゆるプロセスを自動化・電子化するためのソリューションです。カスタマイズ性の高い被験者パネル管理機能、バーコードを用いた血液検体等の追跡機能、各種測定機器からのデータの自動取り込み機能、来院のリマインダを自動でSMS送信する機能等が搭載されております。詳しくは、こちらをクリック(OmniComm Systems, Incのサイトへ移動します)。

Promasys(OmniComm Systems, Inc)

比較的手軽に導入できるEDCシステムです。入力インターフェイスはWebブラウザとiPad専用アプリの両方が用意されています。インターフェイスのカスタマイザビリティーは限られていますが、シンプルながらも大量のデータの扱いが可能で、大規模な観察研究や臨床研究にも適しています。詳しくは、こちらをクリック(OmniComm Systems, Incのサイトへ移動します)。

OmniComm-Strap